手になじんで心地いい。手仕事の器や暮らしの道具たち。
ホームフクギドウイベント情報
フクギドウイベント情報
フクギドウイベント情報:108
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 次のページ»
2016年03月16日

七周年記念企画
「STOCK ROOM展」
2016年4月15日(金)~30日(土)


フクギドウに来られた作り手が
ストックルームに閉じこもって
なかなか出てこない、ということがしばしばあります。


私たちからすれば見慣れた倉庫なのですが
いろいろな作り手の器たちが、整然と積み上げられていて、
さながら宝探しのようで楽しくて仕方ないんだとか…笑。

このたびフクギドウは七周年を迎えます。
この七年間の歩みをご覧頂くのに
STOCKをお披露目するのが
フクギドウを表現するのに良いかもと、
仕舞いこんでいる器を
201号室に並べてみようと思います。


ぜひこの機会にご来店くださいませ。


※フクギドウ本店では
「いぐさの籠と、春のくらし展」同時開催!


2016年03月16日

「いぐさの籠と、春のくらし」展
2016年4月15日(金)~30日(土)


倉敷で代々いぐさの籠を織られている
須浪亨商店さんを訪れました。

現在の5代目は、なんと22歳。
彼自身のおばあさんから仕事を引き継いで
倉敷で唯一、いぐさの籠を 織っています。
そんな彼の作る籠の素敵なこと!
ぜひ皆様にもご覧頂ければと思います。


またこのたび、フクギドウは七周年を迎えます。
フクギドウが歩んできた七年間をご覧頂くべく
フクギドウ201号室では「STOCK ROOM展」を同時開催!

併せてご来店くださいませ。
2016年02月04日

フクギドウ 「春の出張ショップ in スペースR」

会期:2016年2月27日(土)~3月6日(日) 無休

ふんわりとした風合いの播州織・tamaki niimeのコットンショールや
倉敷のノッティング織椅子敷、
沖縄のやちむん、大分の小鹿田焼の器など‥‥、
春にあったらいいなと思うアイテムをフクギドウ目線でセレクトしました。

ぜひこの機会に実物に触れ、お気に入りを見つけてください。

フクギドウ店主
表ゆかり/三上裕子


◎フクギドウ・スタッフが毎日在廊しています。 (11:00~17:00)
◎商品のギフトラッピングも承ります。
◎期間中、フクギドウは通常通り営業いたします。

開場時間:
11:00~21:00

会場:
スペースR 3階「Gallery R」
兵庫県芦屋市茶屋之町1-12
TEL:0797-38-2949
URL:http://www.ryu-ryu.com/

会場アクセス(google map/外部サイト)

交通:
芦屋駅南口に出て徒歩5分。国道2号線を越えてすぐ。
阪神芦屋駅より山側へ8分。
阪急芦屋川駅より南東へ15分。
車で阪神高速芦屋出口より5分。


【出展アイテム】

・tamaki niimeのショールとパンツ
・小野真佐子のノッティング織椅子敷
・沖縄・北窯、横田屋窯などのやちむん
・坂本創、坂本拓磨の小鹿田焼
・安土草多のペンダントランプ 
and more ……


2016年01月25日

掛谷康樹展
2月19日(金)~27日(土)
掛谷さん在店/2月19日(金)・20日(土)

練り上げという技法を用いて作る掛谷さんの器は
おおらかだったり、大胆だったり…、
私たちも大好きで、毎回、届くのが楽しみでもあります。

そんな掛谷康樹さんの、4年ぶりの個展を開催します。
今展では、初お披露目となる文様やカタチも
お目見えします。

ぜひこの機会に、ご来店くださいませ。
2016年01月25日
お料理には欠かせないお味噌。
昨年もお世話になった六甲みその社長、長谷川さんに
今年もみそ作り教室を開催していただくことになりました!

国内産の大豆と米麹を使用。
当日ふかした大豆を使って約1時間ほどで仕込みをし、
あとはご自宅の風通しの程よい場所で寝かせて
熟成を待てば完成します。

初めての方も簡単に楽しく、
美味しく仕上がりますので、
ご参加してみませんか?

皆様のご応募お待ちいたしております。

※ご応募は1月25日(月)10時~
店頭、お電話、メールにて受付いたします。

---------

[みそ作り教室]

日時/2016年4月6日(水)13:30~15:00
仕込み量/味噌5kg
持ち物/エプロン、三角巾、手拭きタオル
参加費/5,000円+税(材料、備品、講習費代)

※昨年ご参加された方で、
樽をご持参される方は300円お値引きいたしますので
ご応募時にお知らせください。

※会場のスペースの関係で、
今年はお一人様1樽でお願いしています。
ご了承くださいませ。

お問い合わせ・ご応募/1月25日(月)10時~

※1月26日追記
定員に達しましたので、キャンセル待ち受付とさせていただきます。



フクギドウ
078-767-0015
info★fukugi-do.com
(★を@に変換してください)
2016年01月09日



フクギドウ2016年最初の企画展は、
冬の暮らしを温かに包み込んでくれる
ランプシェードと、器の会です。

冬ごもりが楽しめるものを集めましたので、
ぜひご来店くださいませ。

[出品アイテム]
安土草多 ガラスのランプシェード
十場天伸 スリップウエアのランプシェード
出西窯 フクギドウ・SML共同企画オリジナルの器
and more……

2015年11月30日

手織りの仕事 -小野真佐子-
2015年12月18日(金)~20日(日)
※小野真佐子さん18日・19日在店

倉敷民藝館の初代館長で
倉敷本染手織研究所を設立された
外村吉之介氏より染織を学ばれた小野真佐子さん。
今年も小野真佐子さんの
ノッティング織椅子敷きや手織りのネクタイが
フクギドウにやってきます。
毎年多くの人を魅了し続けている
小野真佐子さんのノッティング椅子敷き。
柄も素敵ですが、絶妙な色の取り合わせや風合い、
ぎっしりと目の詰まっているところは
小野さんだからこその手仕事。
今年もどんな椅子敷きに出合えるのだろうかと
楽しみでなりません。
2015年11月29日

フクギドウの冬服展
2015年12月11日(金)~20日(日)
※12月13日(日)はお休みいただきます。

昨年も大好評だったMITTANさんのコートやストール、
ナチュラルな雰囲気が素敵なLittle EAGLEさんのニットなど、
また冬服展初登場のCALICOさんから
いますぐ着たい冬服が届きます。

ぜひこの機会にご来店くださいませ。

MITTAN
Little EAGLE
CALICO

2015年11月17日

フクギドウ「大人のギフト展 inスペースR」
会期:2015年12月5日(土)~13日(日) 無休

2015年の締めくくりの12月。
今年も一年、頑張った自分へのご褒美に、ちょっとだけ贅沢なものを。
はたまた、大切な人ヘのとっておきの贈り物に、
大人のためのギフトを、フクギドウ的目線でセレクトしました。
ぜひこの機会にご来場くださいませ。

フクギドウ店主
表ゆかり/三上裕子

◎フクギドウ・スタッフが毎日在廊しています。 (11:00~17:00)
◎商品のギフトラッピングも承ります。
◎期間中、フクギドウは通常通り営業いたします。

開場時間:
11:00~21:00

会場:
スペースR 3階「Gallery R」
兵庫県芦屋市茶屋之町1-12
TEL:0797-38-2949
URL:http://www.ryu-ryu.com/

会場アクセス(google map/外部サイト)

交通:
芦屋駅南口に出て徒歩5分。国道2号線を越えてすぐ。
阪神芦屋駅より山側へ8分。
阪急芦屋川駅より南東へ15分。
車で阪神高速芦屋出口より5分。


【出展アイテム】

・玉木新雌/tamaki niime
兵庫県西脇市にある、播州織り・玉木新雌さんの工房で、私たちも普段使っているショールやパンツ、新作ニットなど、ちょっとシックなカラーをセレクトしました!
男女問わず巻けるショールは、ギフトにもおすすめです。



・石川硝子工藝舎/石川昌浩
はちみつ色の硝子が人気の石川硝子工藝舎。
今回はクリスマスにぴったりのワイングラスやお酒が美味しくいただけるぐい飲みなどをお披露目します。



・十場天伸
神戸で作陶する十場天伸のスリップウェア。
今回は寒い冬にちょうどいい、耐熱のスリップウエアやランプシェードも登場!

・Lue/菊地流架
真鍮のカトラリーを手掛ける菊地流架さんのスッカラスプーンやフォークなど、プチギフトにもおすすめのカトラリーが登場!

and more ……


イベントのお知らせ

■L’EPICE×フクギドウ
ハーブ料理のリトルプレス『器とハーブと。』発売記念
「ハーブを使った、大人のクリスマスランチ&ミニレクチャー」(要予約)



日時:12月13日(日) 11:30~13:30
定員:20名様まで
参加費:4,000円(税込)

神戸・六甲のハーブ料理とスイーツのお店・L’EPICE(レピス)さんとフクギドウが共同制作したリトルプレス『器とハーブと。』の発売を記念して、L’EPICE店主・大久保たえさんによるハーブ料理のミニレクチャーと、『器とハーブと。』に掲載のお料理、デザート、ドリンクをフクギドウの器でお召し上がりいただきます。
当日、会場にて『器とハーブと。』も販売いたします。

<予約お申し込みフォーム>
https://www.secure-cloud.jp/sf/1403247564DLzGcAyM


お問い合わせ先:
TEL:0797-38-2949(スペースR)まで。(11:00~19:00)


料理写真/増田えみ

2015年11月17日

井上尚之展
11月27日(金)~12月5日(土)
※井上尚之さん29日(日)・30日(月)在店

今年もまた、井上尚之さんの器が
ずらりとフクギドウ201号室に並びます。
毎年、ぐっと心を鷲掴みにしてくれる器を作る尚之さん。
今年はどんな器を届けてくださるのかと、
私たちも楽しみでなりません。

ぜひこの機会にご来店くださいませ。
2015年11月05日

ニッポンいいもの展
@ジェイアール名古屋タカシマヤ
11月19日(木)~24日(火)

フクギドウ初!
名古屋出店です!!!

以下の作り手のものを出品します!!!

・沖縄/横田屋窯 知花實
・沖縄/陶器工房 壹
・沖縄/室生窯 谷口室生
・京都/前野直史
・兵庫/tamaki niime
(ショール、ニット、tarun pants、wide pantsなどウエアもたっぷり!)

また東京中目黒SMLさんと共同企画で
SMLとフクギドウのみの限定販売の
出西窯の器もどどーん!とお披露目します!


名古屋のみなさま、お楽しみに!


2015年11月04日


世界のかご展
2015年11月13日(金)~21日(土)
※カゴアミドリ店主・伊藤征一郎さん13日(金)・14日(土)在店

東京・国立にお店を構える「カゴアミドリ」さんのご協力のもと、
世界のかごを色々集めました!
普段、フクギドウではご覧いただけない
海外のものもたくさん届けていただきます。

ぜひこの機会にご来店下さいませ。

会期中は無休で営業します。
2015年10月13日

沖縄―伝えゆく仕事―
松田米司展
2015年10月30日(金)~11月7日(土)
※松田米司さん在店日/10月30日(金)・31日(土)


読谷山焼北窯・松田米司さんの
フクギドウ初となる個展を開催します 。
米司さんの普段のお仕事から、皿やマカイ、ゆのみなどを、また、
沖縄のお祝い事に使われる嘉瓶(ゆしびん)、カラカラなど、
沖縄ならではの暮らしの器をぜひご覧くださいませ。


■松田米司×ベトナム料理コムコカ
10月30日(金)18:30~20:00 (要予約)

数年前、米司さんからベトナムへ行ったときのお話を
とても楽しく聞かせていただきました。
今回はベトナムの土を混ぜて作られたやちむんで
コムコカ・古賀さんのベトナム料理を頂きます。

ご予約はフクギドウまで。
078-767-0015
info★fukugi-do.com
(★を@に変換してください)



2015年10月13日

小鹿田-受け継ぐ仕事-
坂本創 坂本拓磨 二人展
2015年10月30日(金)~11月7日(土)
※創さん、拓磨さん在店/10月30日(金)~11月1日(日)


小鹿田焼の次の世代を担う作り手、
坂本工窯の坂本創さん、
坂本浩二窯の坂本拓磨さん。
お隣同志で育ち、作陶されるお二人ですが
作風はまったく別物。
それぞれが小鹿田で受け継ぎ、生み出す仕事を
ぜひご覧くださいませ。


■いたぎ家×小鹿田 昼酒の会(ご予約不要)
10月31日(土)12時~17時


三ノ宮の「いたぎ家」さんが、一日出張!
創さん、拓磨さんと一緒に、
いたぎ家さんのお酒とアテ、器を楽しみましょう。


※同時開催!
「沖縄-伝えゆく仕事-松田米司展」をフクギドウ本店で開催。
ぜひ併せてご来店くださいませ。


2015年10月13日

ラオスの手仕事布
HPE谷由起子の仕事展
2015年10月16日(金)~24日(土)
※谷由起子さん在店日/10月16日(金)~18日(日)


今年の春の発表会を終え 
4月下旬にラオスに戻り今回帰国するまで 
作りためたものをみていただきます。
糸にする素材作りから最後縫製まで手掛けているので 
平凡な毎日の中に、いろんなことが起きます。
8月に入って、藍草の刈り取り作業をしました。
刈り取るとき藍の草は2m位になっています。
ちょっとした藪です。
その藍草の藪の中に小鳥が巣を作っていました。
葉や小枝などで作られた小さな巣、なんともきれいです。
手のない小鳥はどうやって作るのでしょう。
くちばしだけで?
すごい。
その小さな巣の中に、卵が3つありました。
薄い紫色の地に濃い紫色の文様。
その殻の中で命が育まれているからなのか
その小さな卵は輝きに包まれていました。
ほーっと感動のため息が出ます。
その巣の主の小鳥は私たち人間が藪の中に入ってきたので 
逃げて近くで私たちを見ているのでしょう。
少し離れたところで小鳥の鳴き声が響きます。
藍草を刈り取ってしまうので卵を孵すことはできず
この小鳥にとっては大きな災難でした。
それでも小鳥はまた新しい場所を探して巣を作ります。
そこの場でできることを淡々とやっていく。
他の虫虫、植物たち皆そうです。
生きる環境はどんどん悪くなっているのに 
何も言わずできることをやっている。
心から頭が下がります。
私も少しでも見習いたい。
でもとても難しいです。

2015年秋のHPEの布、ご覧ください。

心よりお待ち申し上げます。


HPE 谷由起子

----------



今年も念願叶って、HPEの布をご紹介できること
本当にありがたく思っています。

ラオスの近代化とともに、手仕事布を手掛ける人が減少し、
「先細りの仕事」と谷さんから伺うたび、
寂しい思いでいっぱいになります。
が、加速する近代化を簡単には止めることはできません。

なくなってしまうかもしれない、HPEの手仕事の布。

こんなに素朴で力強く、いとおしい布を
一同にご体感頂ける機会は、
もうそう多くはないのかもしれません。

ぜひこの機会にご高覧くださいませ。

2015年08月28日



練り込みの仕事 
牧谷窯 杉本義訓展 
9月25日(金)~10月3日(土)
※杉本さん在店/9月25日(金)・26日(土)

3回目となる、鳥取・牧谷窯の杉本義訓さんの個展を
フクギドウ本店で開催します。

練り込みとは、土と土を重ねて作った文様を駆使して
器をつくる技法のこと。

この会のために新しい文様をつくってくださっているそうで、
とても楽しみです。

またほぼ同時期開催の
東京中目黒・SMLさんとの共同企画!
”牧谷窯てぬぐい”も登場します!

ぜひこの機会にご来店くださいませ。
2015年08月28日


ワーペンウエフトWEST2015 in 六甲
9月12日(土)~20日(日)
※フクギドウは19日(土)まで

縦糸と横糸。
そのシンプルな繰り返しがやがて一枚の布となり、
ひとびとを包む大きな宙となる。

人が生き、ものを作り、着る。喜ぶ。
そんな原点を大事にしながら、
今年は会津木綿の工場を引き継ぎ、
会津木綿やインドの手仕事布のお洋服づくりを手掛けるヤンマ産業(YAMMA)と
ニューデリーを拠点に、インド各地の農村の手仕事布を現代に伝える
CALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSが
今年、六甲でワーペンウエフトWESTを開催します。

■フクギドウ本店
CALICO カディと手仕事布のお洋服
9月12日(土)~19日(土)

※12日(土)・13日(日)は、
CALICOとmaku textileの16年春夏コレクション展示会(関係者向け)

■フクギドウ201号室
ヤンマの受注会
9月18日(金)・19日(土)




■kachua
CALICO カディと手仕事布のお洋服
9月12日(土)~20日(日)

■L'EPICE
ベンガル風フィッシュカリーなど
期間中特別メニューをご用意いたします。




2015年08月28日



松屋銀座 銀座・手仕事直売所
9月9日(水)~14日(月)
※最終日は17時半で閉場

このたび、

・ノッティング織椅子敷 おの工房/小野真佐子さん
・家具・木工 松本家具研究所/松本行史さん
・陶器 前野直史さん

のお手伝いで、銀座・手仕事直売所に在店します!

関東の皆様、ぜひご来場くださいませ!

2015年07月22日

型染の仕事
大木夏子・石北有美・北澤道子

三人の型染作家、大木夏子、石北有美、北澤道子。
デザイナーは田中啓一、SIKAKEPROJECT。
さらにバッグブランド「TEMBEA」、
陶芸家「大谷桃子」とのコラボレーションも実現。
本企画展だけのオリジナルのシャツやワンピース、バッグなど
”私達が今欲しい型染のもの”をカタチにしました。

本企画は東京・中目黒「SML」と
神戸「フクギドウ」を巡回いたします。





PHOTO by Naoto Takano
---------

・8月8日(土)~8月18日(火)
東京・中目黒
工藝 器と道具 SML

東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
12時~20時(土日祝11時~)
03-6809-0696


・8月28日(金)~9月5日(土)
神戸・フクギドウ201号室


・9月9日(水)~9月14日(月)
松屋銀座8Fイベントスクエア
「銀座・手仕事直売所」に出展
2015年07月14日
今回も初心者向けの講座になりますので、
ご自宅の小さなカケのある器を3個ほどご持参いただき
修復していきます。


※初心者向け講座のため、
完全に割れてしまった器やガラスはご遠慮ください。
また数が多いとすべてお直しできません。
ご了承くださいませ。

ご応募、お待ちいたしております。

-----------------

■金継ぎ教室 

日時/
7月29日(水)・8月19日(水)
10時~12時
※2日とも受講していただき、器を修復していきます。

7月22日現在、満席のためキャンセル待ち受付中です。

会場/フクギドウ201号室
(わからない場合はフクギドウ本店まで)

参加費/6,500円
(2回分の講師費、材料費、お茶・おやつ代、修復後の器のご郵送費、税込)

持ち物/
修繕ご希望の欠けのある器3個程度、
エプロンorひざにかけるタオル、参加費

※キャンセルは2日前までにお願いいたします。
それ以降の場合はキャンセル料を
申し受けさせていただく場合もございますので
あらかじめご了承くださいませ。

-----------------

[ご予約方法]

メール、お電話、フクギドウ本店店頭にて受付いたします。

info★fukugi-do.com (★を@に変換してくださいね)
078‐767‐0015
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 次のページ»