手になじんで心地いい。手仕事の器や暮らしの道具たち。
ホームフクギドウイベント情報
フクギドウイベント情報
フクギドウイベント情報:162
«前のページ 1 ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次のページ»
2011年09月28日
ラオス 谷由起子の仕事展
2011年10月21日(金)~29日(土)
谷由起子さん在店日/10月27日(木)・28日(金)

ラオスの少数民族の村で、現地の人々とともに
手仕事の布を作り、日本に紹介している谷由起子さん。
素朴で愛嬌があって、力強い。
そんな愛すべき布たちに触れていただけたら。
谷さんもラオスから駆け付けてくださいます。

--------

はじめまして

私は1999年、初めてラオス北部ルアンナムターを訪ねました。
その当時のルアンナムターは、大げさに言えば「ここは弥生時代?」
といった感じの様子でした。
人は自然の恵みの中、自分の手と身体を使って 
暮らしに必要なものを生み出していて 
私はそんな人たちの力に強い衝撃を受け 
この人たちと手仕事に関わることをしたいと思いました。
翌2000年、再びラオス・ルアンナムターに渡り
村の人たちと一緒に手仕事を始めます。
2002年ラオスでH.P.E.
(Handicraft.Promotion.Enterprise.)Co,ltd.を設立しました。
ラオス・ルアンナムターで仕事を始め、現在12年目です。


H.P.E.の仕事-自然の恵みの中から糸になる素材を探し糸を生む

特徴を簡単に言えば、自家製の布づくりの延長の仕事です。
私が関わっている人たちは、蚕を育て絹の糸を引き 
綿花を育てワタの糸を紡ぎ 
山で葛のつるを採取し繊維を取り出しつないで葛の糸を績みます。
素朴な時代では、人が布を纏うためには
まず糸を何から作るかということが問題だったのだということに 
私はこの人達と関わるようになって気づきました。
自然の恵みの中から糸になる素材をみつけ 
糸を作るという、ほんとうは当たり前の布作りの原点。
そんな原点の仕事ができる人たちです。 
なので、H.P.E.はその原点を大切にした布作りを心掛けています。
糸の素材を見つけることから仕上げまでやる。
昔だったら誰もがそうしていた自家製の布の延長であることが理想です。

これから

初めて私がルアンナムターを訪れたときは 
お金というものを大して必要とせず、電気もない暮らしでした。
例えば、魚がたくさんとれても 
食べる量は限られているので、近所の人に分けて終わり。
動力は人力なので、人力でできる範囲の暮らし。
エコのことなど考えなくとも 
自然にヒト以外の生き物とのバランスも保たれた暮らしです。
お金というモノが暮らしを動かし、電気もやってくると
ヒトの暮らしは大きく変わります。
魚がたくさんとれたら売ればよい。
たくさんとれればそれだけお金になる。
根こそぎとってしまいます。
12年間、ラオスの村で暮らし、お金と電気は
ヒトの価値観を激変させるのだということを身にしみて感じています。

2011年3月11日。 

9日に帰国した私は11日の2時46分東京にいました。
ほんの一瞬でヒトの世なぞ自然の力はひっくり返せるのだと思いました。

12年前、ラオスの村の人たちは、素朴な力がみなぎっていました。
急速に時代が変わっていけばその力も変わっていかざるをえないでしょう。
そんな変化の中で、これからどんな仕事が可能なのか、悩みます。
「こうすれば、素朴な力強い仕事は継続できる」
という方法は私にはみつかりません。
はっきりしていることは
私は、素朴で力強い仕事が好きだということ。
素朴で力強い人たちとの布作りの仕事は愉しいということ。
好きで愉しいことを、とにかく思う存分やる。
やれるだけやる。
彼らとのモノ作りを愉しんで愉しんで愉しんでいく中で
何かが見えてくるかもしれません。見えないかもしれません。
まずは、やってみる。それだけです。


2011年8月2日
H.P.E.谷由起子

2011年08月31日
期間限定ショップ
「心満たされる手仕事の、器と道具」 
at大阪タカシマヤ 
9月21日(水)~27日(火)

手に取ると、つくり手の想いと温かみが伝わり、
豊かな気持ちにさせてくれる、
手仕事が美しい民藝の器を引き連れて、
大阪・なんばのタカシマヤ大阪店6階和食器売り場にて
出張ショップを開催します!
関西初登場のつくり手も。
ぜひご来場下さいませ。

つくり手/
篠山・平山元康、福山・掛谷康樹、
熊本・真弓亮司、波佐見・中川紀夫、
沖縄・北窯、田村窯、たま木工商店、
福岡・太田潤etc.




2011年08月20日
美しいもの -硝子と古道具-
石川昌浩×Bon Antiques
2011年9月9日(金)~17日(土)

普段使いするものは
手触りがよくて美しくて
使い心地のいいのがいい。
そんな毎日使いたいものを
硝子と古いものから集めます。
ぜひご来店くださいませ。

※石川硝子工藝舎・石川昌浩さん、
Bon Antiques中上さん共に9月9日(金)在店されます。

※9月7日(水)・8日(木)は
展示替えのため休業させていただきます。
お間違いのないようご注意くださいませ。

2011年06月13日
牧谷窯 杉本義訓展
2011年7月8日(金)~16日(土)
つくり手在店日/8日(金)、9日(土)

鳥取で作陶する牧谷窯・杉本義訓さんは、
絵付けでなく土で模様を作り成型する”練り込み”と
ろくろのお仕事をされます。
練り込みで作った器は、まるでグラフィックデザインのよう、
またろくろの器はモダンで使いやすいものばかり。
今回、神戸での初個展となるため
その両方が一同に並びます。
ぜひお立ち寄りくださいませ。

※7月7日(木)は展示替えのため臨時休業とさせていただきます。

2011年05月26日
芦屋・スペースRさんで、
器×夏のおいしいものをテーマに、
展示販売会とワークショップ、料理イベントを
開催することになりました!

さまざまな繋がりからうまれた料理人や珈琲焙煎人、
移動八百屋などの愉快な仲間たちとコラボレーションするのが
私たち自身も楽しみにしています。

ぜひこの機会にご来場、ご参加下さいませ。
なおご予約は下記スペースRさんまでお願いいたします。


*****************************************

フクギドウ 「器と夏のおいしいもの」展

*****************************************


神戸・六甲、器と暮らしの道具店「フクギドウ」が、

器と初夏のおいしいものをご提案する

展示販売会×おいしいものイベントを、

芦屋のカフェ、雑貨ショップ、ギャラリーが一体になった複合ビル

「スペースR」で開催します。



イベントは、普段のフクギドウでは表現し得ない

器×おいしいもののコーディネートの体験会、

この日、この時だけのスペシャルイベントです。

ぜひご参加ください。



「フクギドウ」 http://www.fukugi-do.com



---------------------------------------------------------



■フクギドウ期間限定ショップ(予約なし)
日時:6月18日(土)~24日(金) 11:00~22:00

料金:入場無料

“野菜の似合う器”をテーマに、

石川硝子工藝舎・石川昌浩、つくも窯・十場天伸らの器と、

播州織・玉木新雌の爽やかなショールなどが並びます。



■フクギドウ×竹炭珈琲ソラマメ

「私好みの珈琲探しの会」(要予約)

日時:6月22日(水) 13:30~15:00

定員:10名様まで
参加費:2,500円(税込)
竹炭珈琲ソラマメさんによる焙煎のデモンストレーション&焙煎体験、

また自分好みの珈琲を探す、数種飲み比べの会を開催。



■フクギドウ×yamsai×おうち食堂

「トマト食堂」(要予約)

日時:6月23日(木) 11:30~/13:30~

定員:各回8名様まで
参加費:2,100円(税込)
阪神間で人気の移動八百屋“yamsai”さんイチオシのトマトを使い、

“おうち食堂”さんが初夏においしいトマトランチをつくります。

おうち食堂特製、ドレッシングのレクチャーも。

おみやげの小鉢付き。



■フクギドウ×graf川西万里

「たかがお茶、されどお茶会」(要予約)

日時:6月24日(金) 13:00~/15:00~

定員:各回8名様まで

参加費:3,000円(税込)

grafの川西万里さんによるお茶会。

お茶の味そのものをおいしく飲めるよう楽しむ中国茶の世界。

その日の為に用意をした中国茶数種類とお茶請けでおもてなし。

みなさんも、ひとつひとつ丁寧に煎れてみませんか?

小代焼ふもと窯・井上尚之さんに特注した

茶杯(おみやげ)で味わっていただきます。



■フクギドウ×料理研究家・堀田裕介×graf

「野菜の会」(要予約)

日時:6月25日(土) 12:00~

参加費:4,000円(税込)

元grafシェフで料理研究家の堀田裕介さんが

Meets Farmの活動から繋がったFarmerたちの野菜を使い、

フードスケープでおもてなし。

また人気の箕面ビールさんも特別出店が決定!

野菜×ビールの面白トークも飛び出すかも?!

取り皿のおみやげ付き。



■Meets Regional×graf presents

「ファンタスティックマーケットwithフクギドウ」(予約なし)

日時:6月26日(日) 11:00~17:00

料金:入場無料

E-maで開催のファンタスティックマーケットが、

この日だけ特別に芦屋・スペースRに出現!

出会い・繋がる・広がるをテーマにしたマーケットです。

かならずおいしいものがみつかるはず!!


=========================================

場所:
「Gallery R」
兵庫県芦屋市茶屋之町1-12 スペースR 3階
TEL:0797-38-2949
URL:http://www.ryu-ryu.com

地図:http://www.ryu-ryu.com/access.html

交通:
芦屋駅へは、大阪駅からJR神戸線の快速・新快速に乗って約15分。
芦屋駅南口に出て徒歩5分。国道2号線を越えてすぐ。
阪神芦屋駅より山側へ8分。
阪急芦屋川駅より南東へ15分。
車で阪神高速芦屋出口より5分。

=========================================

イベントのご予約方法:

※お電話でのお申し込みの場合
TEL:0797-38-2949(スペースR)まで。 (11:00~23:00)

※メールでのお申し込みの場合
[1]お名前(フルネーム)
[2]フリガナ
[3]ご住所(〒も)
[4]連絡のつくお電話番号
[5]イベント名
[6]希望日、時間帯
[7]お友達とお越しになられる場合、人数とお名前も記載ください。
以上を明記して、yoyaku@ryu-ryu.comまでお申し込みください。
折り返し、予約確認をお送りいたします。


=========================================


2011年04月22日
フクギドウ期間限定ショップvol.2
~沖縄やちむんの旅~
@阪神百貨店梅田本店7F イベントステージ7
5月18日(水)~31日(火)

2度目の出店となる今回は、
沖縄のつくり手たちのもとに赴き、直接お願いして作っていただいた
やちむんや硝子、木工雑貨、張子などが、
期間中、梅田の阪神百貨店7階イベントスペース7にずらり。
また今回だけのスペシャルオーダーも多々!
お近くにお越しの際は、ぜひご来場くださいませ。

なおイベント出店に伴い、
5月は六甲の実店舗は休業させていただきます。
お間違いのないよう、ご注意くださいませ。


2011年02月08日
tamaki niime展
2011年3月25日(金)~29日(火)
※つくり手在店日/3月27日(日)


身にまとうと赤ちゃんの肌みたい、
ふわりとした巻きここち。

自ら機械式の大きな力織機を操りながら
時には豪快に、時には繊細に、
自由な感覚で織られるショールは
その時、その瞬間だけに産み出される
たったひとつだけのもの。

--------

播州織の玉木新雌さんは、自ら力織機の前に立ち、
デザインしながら織っていく希有のつくり手。
その彼女が手掛けるショールのデザインと素材感に惚れ込み、
春の展示会をお願いしました。
期間中、店主二人も相当に待ち遠しい新作が
ずらりと並びます。
この機会に、実際に手に触れ、身にまとってみませんか?
みなさまのご来店をお待ちしています。

※3月24日(木)は展示替えのため休業いたします。

2010年11月24日
手織りの仕事
-小野真佐子-
2010年12月14日(火)~19日(日)

倉敷民藝館の初代館長で、
倉敷本染手織研究所を設立された
外村吉之介氏から染織を学んだ小野真佐子さん。
どっしりとした風合いで座り心地がよく、
幾何学模様がモダンなノッティング織りの椅子織をメインに
マフラーやウールのネクタイなど、
小野さんの手織り仕事の数々を展示販売いたします。
ぜひこの機会にご来店くださいませ。

※12月13日(月)は展示替えのため休業させていただきます。

2010年11月24日
冬の贈りもの展
2010年12月1日(水)~11日(土)
※5日(日)は定休日です。

寒い冬がやってきます。
本格的な冬が来る前に、寒さを楽しむ
マグやスープカップ、鉢などの器と、
毛糸のショールや靴下、バブーシュなどのあったかアイテム、
プレゼントにも最適なフェルトの小物などを集めた
「冬の贈りもの展」を開催します。
冬を楽しむアイテムを探しにいらしてください。

※つくり手追加!

旅するお針仕事STELLAさんからかわいい小物が、
播州織の玉木新雌さんからも素敵なストールがたくさん届きます。


[つくり手]
太田哲三、井上尚之、真弓亮、掛谷康樹、平山元康、及川恵理子
iroiro、MANDRAKE、木星社、morikuma、STELLA、玉木新雌 

■ワークショップ
フェルトのコースターを作りましょう

ワークショップでは、
コースターとなるベースを数色ご用意。
その中からお好きなお色目を選んでいただき、
好きな柄をフェルトにちくちく差し込んでいきます。
柄はチェック、ストライプ、水玉…などなど自由自在です。

今回講師をつとめてくれるのは、
布舎としてフェルトで
バッグやマフラーなどを手掛けている中川やす子さんと
針山やモビールなどフェルト小物を手掛けられているmorikumaさん。
気さくなお二人なので、
リラックスした中でオリジナルコースターを
作っていただけると思います!

またフクギドウからは
コースターに似合うおみやげの器をご用意させていただきます!
ぜひぜひご参加、お待ちしております。


----------

■ワークショップ
フェルトでマイコースターをつくりましょう

日時/12月8日(水)
時間/10:00~12:00
     14:00~16:00
参加費/3,000円(税、材料費、講師費込み、
お茶、おやつ、おみやげの器つき)


2010年11月02日
安部太一展
11月19日(金)~27日(土) 
※作家在店日/19日(金)・20日(土)

どこかヨーロッパの匂いや
古いものの佇まいを感じる安部太一さんの器は
飾ってみたい、料理を盛ってみたいという
衝動にかられるものばかり。
今回、そんな安部太一さんの器が
フクギドウにずらりと並びます。
ぜひ安部太一さんの世界観を
体感しにいらしてください。

2010年10月07日
井上尚之展
2010年10月22日(金)~30日(土)

今年もまた、井上尚之さんの個展が叶いました。
フクギドウが出す無理難題にも
無邪気な笑顔で柔軟に挑戦してくださる尚之さん、
初個展となった去年とは、また違ったものを見せたい、
個展ならではのものを見せたいと、
今年はあるテーマをもとに作陶してくださっています。
さぁ、今年はどんな器が飛び出すか。
ぜひご覧にいらしてください。

※尚之さん在店/10月24日(日)・25日(月)

在店日が当初予定から変更になっておりますので
ご注意ください。

2010年08月27日
石川昌浩展
「くらしのものさし」
9月17日(金)~25日(土)
※石川さん在店/9月19日(日)

ジーパンみたい。
初めて石川さんのコップをみたときの、第一印象。
飾り気がなくて、でも、そっけないわけでなく。
使い始めると、手にした感じとか口当たりとか
氷の音なんかが妙に心地よくて、
気づけば毎日使ってる。
食器棚から、つい選んでしまう器。
それが石川さんの言う、
「くらしのものさし」なのかもしれません。

2010年08月27日
フクギドウが丸ごと、期間限定で大阪・梅田の阪神百貨店に登場します!期間中は常設の器、籠、道具などのほか、+αのアイテムをご用意。
また店主も期間中は阪神百貨店でスタンバイしています。
ぜひご来場下さいませ!

9月8日(水)~14日(火)
10時~20時
阪神梅田本店7F食器売り場
イベントステージ7

[出品するもの]

読谷山焼北窯(松田米司、宮城正享)、横田屋窯・知花實、
工房福田(福田健治)、陶器工房 壹、
小鹿田焼、小代焼ふもと窯・井上尚之、手吹き硝子工房・太田潤、
平山元康、及川恵理子、たま木工商店
ラオスの手仕事(刺子コースター、ショール、ふきん、風呂敷など)、
岩手の竹細工、松野屋の手仕事道具、木星社の靴下、
花さんぴん、にがあまみつなど。


※期間中、実店舗は休業とさせていただきます。
お間違いのないようご注意くださいませ。
2010年07月30日
沖縄やちむん展

2010年8月20日(金)~28日(土)
10:00~17:00
※期間中無休

昨年好評だった「沖縄やちむん展」を
さらにパワーアップして開催!
特色の異なる四工房より、
人気の絵付け皿は大皿から小皿まで、
マカイ(飯椀・どんぶり)、ワンブー(鉢)、
角皿、湯のみ、カラカラ…などがずらりと並びます。
あれこれ選んでいただきつつ、
陶器市気分を味わっていただけたら!
また店主の大好物の美味しいものも出品しますので
そちらもこうご期待!

つくり手
読谷山焼北窯(宮城正享、松田米司)、横田屋窯・知花實、
工房福田・福田健治、田村窯(田村将敏・麻衣子)

※8月1日(日)~19日(木)は夏期休業。


■オキナワン・マルシェ開催!

8月21日(土)は、沖縄やちむん展に、沖縄の美味しいものたちが登場!
おばあ直伝の肉味噌や沖縄食材を使ったベーグルなどなどがお目見え。
数に限りがございますので、売り切れ御免!



2010年06月14日
陶器工房 壹 展
2010年7月2日(金)~10日(土)

陶器工房 壹、壹岐幸二・章子さんの器が
沖縄からたくさん届きます。
夏のテーブルをぐっと涼やかに演出してくれる器ばかり。
ぜひご来店くださいませ。

[作家在店日/7月3日(土)・4日(日)]

※1日(木)は展示替えのため臨時休業。
また10日(土)はワークショップ開催のため12:30オープンです。


■ワークショップ「刺子のじかん」

陶器工房 壹さんの文様は伸びやかで爽やか。
そんな文様を造形作家・平山路子さんの手ほどきで
ちくちく刺子してみませんか?
お楽しみのおしゃべりとお茶・おやつ・おみやげつきです。
完成品は箸袋や小物包みとしてお使いいただけます。

日時/
7月10日(土)10:00~12:00(予約制・定員8名)
7月12日(月)10:00~12:00(予約制・定員8名)

参加費/2,800円(お土産+お茶+おやつ付き)

持ち物/簡単な裁縫道具、お好きな糸があれば。
(糸はなければこちらで用意します)

※ご予約方法は6月21日(月)10時~
電話orWEBSHOPのお問い合わせフォームにて受付します。
2010年05月03日
酒と肴のうつわ展
6月4日(金)~6月12日(土)

冷たいビールや焼酎、泡盛…などお酒が美味しい季節、
お酒にぴったりのグラスやカップが揃いました。
また肴を盛りたいプレートや小鉢などもご用意。
夏のテーブルにぴったりのうつわばかりですので
のん兵衛さんでなくともお楽しみいただけるはず!
父の日のプレゼントにも最適です。

つくり手
山根窯、牧谷窯、井上尚之、平山元康、太田潤、石川昌浩、
安部太一、掛谷康樹、及川恵理子、読谷山焼北窯、福田健治

※最終日12日(土)は、ワークショップ開催のため15時閉店です。

ワークショップ
箕面ビール×フクギドウ
「ちょこっとビールと肴の会」
6月12日(土)16時~18時
参加費 3,800円(カンタンなご飲食+フリーカップのお土産つき)
定員 8名さま

箕面ビール工場長・大下香緒里さんをお招きして、
ビールのあれこれを伺いながら
箕面ビール4種とビールにあう肴を
一日舎のmomoさんがご用意、
フクギドウのカップで楽しむ、ささやかな会をします。
ご参加ご希望の方は5月24日(月)以降、
tel/WEBSHOPお問い合わせフォームより
ご応募くださいませ。

※DMにはフクギドウのプチグラスと記載しておりますが
フリーカップに変更となりました。
ご了承くださいませ。



2010年03月26日
フクギドウ 芽吹きのとき展
4月23日(金)~5月1日(土)

長い冬も終わり、春の息吹を感じる今日この頃。
心地いい春の到来を感じたくて、
植物の芽吹きと器を愛でる企画展を開催します。
またフクギドウオープン1周年の「芽吹き」を記念した
スペシャル企画の器やワークショップもお目見え。
ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。

作り手
陶 平山元康、井上尚之、安部太一、福田健治、読谷山焼北窯
ガラス 石川昌浩、太田潤
鉄 河原崎貴


オープン1周年記念Workshop
「STELLAさんと一緒に、フクギドウ福袋をつくろう」
暮らしの中のお針仕事 STELLAさんと一緒にかわいらしい福袋を作りませんか?
もちろん、福袋の中身と店主ふたりのトーク付き(笑)です。

4月30日(金)10:00~12:00 定員8名
5月 1日(土)10:00~12:00 定員8名

NEW!
5月7日(金)10:00~12:00 定員8名


参加費:3.800円(税・材料費込み。おみやげの器、お茶、おやつ付き)
※当日は簡単な裁縫道具をご持参ください。

ご予約は4月1日(木)10時~、店頭および、メール、お電話にて受け付けます。
当店からのご返答とともにご予約完了となりますのでご注意くださいませ。

[暮らしの中のお針仕事 STELLAさん PROFILE]

CHECK & STRIPEの姉妹店、& FLOWERやNHK文化センターなどで
針仕事のレクチャーをされていらっしゃる素敵な女性。
フクギドウでお買いものをして下さった際、小さなお店の雰囲気を気に入ってくださり、
フクギドウ初のワークショップをしてくださることに!
とても朗らかで楽しいSTELLAさん、私たち二人とともに
楽しい時間を過ごしましょう!

2010年02月04日
荒物道具展
―松野屋がみつけたニッポンの手仕事―
2010年2月26日(金)~3月6日(土)


大量生産品でもなく
美術工芸品でもなくて。
大きさや色がまちまちだったりするけれど
使いやすくて愛おしい。
町工場や農村の職人たちがつくる
素朴な道具たちは
毎日の暮らしを豊かにしてくれるはず。


東京の下町、馬喰町の荒物卸問屋「松野屋」が
日本中歩いて探し、みつけたきた
籠やほうき、ブリキのバケツ、漆のお弁当箱など
暮らしの道具が期間限定でフクギドウにお目見えします。
どこか愛おしい荒物たちを、ぜひご覧くださいませ。


2009年11月11日
冬仕度展
2009年11月26日(木)~12月5日(土)

だんだん空気が澄んできて、
暦を重ねるたび、寒さが増してきました。
さて今年最後のフクギドウ企画展では、
ココロもカラダも温かくしてくれる
カップ&ソーサーやスープカップがお目見え。
また期間中、ノッティング織りの椅子敷きや手織りのマフラー、
フェルトバッグ、モビール、ポットマットなども揃います。
ぜひ温かな手仕事をみつけにご来店ください。

また岡山・くらしのギャラリーさんが
柚木沙弥郎さん直々にお願いして染めてもらったという
1型につき10点しかない干支の型染絵が急きょ届きました!
来年の寅のほか、牛やねずみなどもございます。
冬仕度展でお披露目しますので、お楽しみに!


つくり手/窯元
山根窯、延興寺窯、平山元康、井上尚之
小野真佐子、豊永盛人、orange bitter chocolate、平山路子
布舎 中川やす子、井戸原美帆、morikuma・・etc.

2009年10月01日
「井上尚之」展
2009年11月3日(火・祝)~10日(火)


こっくりとした深い飴色が美しい
井上尚之さんのスリップウエア。
今回は普段づかいできるスリップウエアのプレートをはじめ、
マグ、ポット、ピッチャーなどがずらりと並びます。
また期間中、井上さんのうつわをイメージした、
織物作家orange bitter chocolateさんの新作や、
一日舎の桃崎信子さんによるジャムもお目見え。
ぜひこの機会にご来店ください。


※企画展準備のため、11月2日(月)は臨時休業させていただきます。

«前のページ 1 ... | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次のページ»