大宜味窯/菅原謙(陶)

大阪出身。
沖縄県立芸術大学を卒業後、
京都で陶工として従事し、
読谷山焼北窯・松田米司工房で修行され、
沖縄のやちむんを学ばれました。

現在は、沖縄県北部の大宜味共同窯にて
昔から沖縄に伝わる方法で
土や釉薬をつくり、蹴轆轤で引いたうつわを
年に3回、登り窯で焼成されます。

窯出しされたうつわは、
沖縄の土と炎の力からうまれるあじわいを
強く感じるものばかりです。
124