掛谷康樹 (陶)

福山で作陶されている掛谷康樹さんの器。
なかでもフクギドウでは「練り上げ」と呼ばれる技法のものを中心に
ご紹介していきます。

「練り上げ」とは、色や濃度などの違う粘土を重ねたり、練りこんだりして土をつくり、
それをカットして、型に入れて成形して器にしていくという技法。
…というとちょっとイメージしづらいかもしれませんが、
金太郎飴やバームクーヘンをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。
そんな手間暇かかる技法で作られた器たちを、ぜひご覧ください。

14